ブラウザゲームについて! >> ブラウザゲームと昔のRPG

ブラウザゲームと昔のRPG

どうも、三十路まっしぐらのオッサンです。

最近のブラウザゲームってスゴイですよね。

何がって、質ですよ、質。

ちょっと前までは、ただの暇潰し程度にしかならなかったんですけどね。

ドラゴンクルセイドシリーズとか、ラカトニアとか、もう何ていうんでしょ、昔のファミコンとかスーファミ思い出しますよね。

え?今誰か鼻で笑いませんでしたか?

バカにしちゃいけませんよ、ファミコンとかブラウザゲームとかを。

ファミコン世代の人間は大概思ってる筈ですよ、昔の方がゲームは面白かったって、ね。

コレ、事実なんですよ。

最近の3Dゲームはグラフィックに力を入れる一方でストーリー性が弱かったり、システム面で単調な物になっていたり、斬新さや面白みが欠如しちゃってるんですよね。

だから、逆に言えば、ブラウザゲームこそ、かつてのゲームのあり方や伝統を継承し続けるいわば直系に当るんです。

むしろ、最近の3Dゲームこそ鼻で笑ってしまいそうですよ。

勿論、面白い作品は面白いですけどね、3Dだって。

それでも信じられないというのなら、騙されたと思って一度プレイしてみればどうでしょうか?

特に、ストーリーなどを重視するプレイヤーの方なら、更にオススメです。

進化したファミコンゲームのような錯覚を味わえると思います。

あ、ファミコンじゃ30代のオッサンにしか判りませんね。

まぁとにかくですよ、最近のブラウザゲームはスゴイって事を言いたかったんです。

ホント面白くなりましたよ、ブラウザゲームは。